范彊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

范 彊(はん きょう 生没年不詳)は中国後漢末期から三国時代の軍人。

張飛配下。 孫権軍の荊州侵攻による関羽敗死の後、仇討ちのため荊州に出兵することが決定され、その準備が本格的に行われていた。準備に時間を追われていた221年6月、范彊は同僚の張達と共に張飛を暗殺してへ逃亡した。その後は不明である。

小説『三国志演義』では、張飛の三日以内に白装束を用意せよという無理な命令に対し、同僚の張達と共に延期を進言したところ、折り悪く張飛が酒に酔っていたので棒で叩きつけられた上、「期日までに用意できなければ斬る」と脅される。そのため、張達・范彊は張飛の寝首を掻き、その首を持って呉に降っている。その後、夷陵の戦いの最中に呉から陣へ張飛の首と共に送還され、張飛の子張苞に斬られている。