茂木英子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
茂木 英子
もてき ひでこ
生年月日 (1960-03-04) 1960年3月4日(60歳)
出生地 日本の旗群馬県安中市
出身校 群馬県立富岡東高等学校
所属政党 無所属
公式サイト 安中市長 茂木ひでこ

当選回数 2回
在任期間 2014年4月23日 - 現職

選挙区 安中市選挙区
当選回数 2回
在任期間 2007年4月30日 - 2014年3月31日

Flag of Annaka, Gunma.svg 安中市議会議員
当選回数 4回(補選を含む)
在任期間 1995年 -
テンプレートを表示

茂木 英子(もてき ひでこ、1960年3月4日 - )は、日本の政治家。群馬県安中市長(2期)。元・群馬県議会議員(2期)、元・安中市議会議員(4期)。

来歴[編集]

群馬県安中市野殿に生まれる。安中市立第一中学校卒業。1978年(昭和53年)3月、群馬県立富岡東高等学校卒業。同年4月、興亜火災海上保険(現・損害保険ジャパン)に就職。

1989年(平成元年)、仲間と共に地域づくり団体「未来塾」を創立。

1995年(平成7年)、安中市議会議員補欠選挙に立候補し初当選。市議を4期務める。

2007年(平成19年)4月に行われた群馬県議会議員選挙に安中市選挙区(定数2)から無所属で立候補。自民党現職、同党新人を相手に戦い得票数2位で初当選[1]

2008年(平成20年)、高崎経済大学地域政策学部に入学。2011年(平成23年)、無投票で再選[2]

2014年(平成26年)3月31日、県議会議員を辞職。同年4月13日に行われた安中市長選挙に無所属で出馬。3選を目指した現職の岡田義弘を破り初当選した[3]。女性市長は群馬県内では初、女性首長は1986年(昭和61年)の山田節子・水上町長以来2人目となる。4月23日、市長就任[4]

※当日有権者数:50,724人 最終投票率:55.26%(前回比:pts)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
茂木英子54無所属15,688票56.87%
岡田義弘75無所属11,899票43.13%

2018年(平成30年)4月、元職の岡田義弘らを破り再選。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
岡田義弘
Flag of Annaka, Gunma.svg群馬県安中市長
2014年 -
次代:
現職