苦灰岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
苦灰岩

苦灰岩(くかいがん、dolostone)は、苦灰石(ドロマイト、CaMg(CO3)2)を主成分とする堆積岩白雲岩(はくうんがん)ともいう。苦灰岩のこともドロマイト(dolomite)ということがあるが、その場合は苦灰石(鉱物)との区別ができない。

石灰岩を構成している方解石霰石(いずれも CaCO3)中のカルシウムが、マグネシウムに置き換わって苦灰石になったと考えられている。全てが苦灰石になっていることは少なく、たいていは方解石を含んでいる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

Cirque de Mourèze, Hérault 25.jpg

外部リンク[編集]