ドロマイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドロマイト
ドロマイト

ドロマイト (dolomite) は、鉱物である苦灰石(CaMg(CO3)2)、あるいは岩石である苦灰岩を指す。どちらを指すか区別できないので、苦灰岩のことはドロストーン (dolostone) ともいう。また、鉱石名としても使われる。

鉱石の色は灰色か白色で、石灰石に似る。石灰石が海水中で変容して生成する。

鉱物としてのドロマイト(苦灰石、白雲石)[編集]

岩石としてのドロマイト(苦灰岩、白雲岩)[編集]

用途[編集]

ほか

産地[編集]

参考文献[編集]

  • 都城秋穂久城育夫 『岩石学II - 岩石の性質と分類』 共立出版〈共立全書〉、1975年、ISBN 4-320-00205-9全国書誌番号:69027227

関連項目[編集]

外部リンク[編集]