若森栄樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若森 栄樹(わかもり よしき、1946年 - )は、フランス哲学者、批評家、前獨協大学教授。

来歴[編集]

東京都生まれ。東京大学大学院仏文科修士課程修了。ラカン学会理事。 1991年、『湾岸戦争に反対する文学者声明』に対して、「湾岸戦争、天皇制、署名」で批判し、日本国憲法に則って反戦を主張することは、天皇制を認めることになると論じた。

著書[編集]

  • 精神分析の空間 ラカンの分析理論 弘文堂 1988
  • 日本の歌 憲法と署名の権力構造 河出書房新社 1995
  • 裏切りの哲学 河出書房新社 1997 (シリーズ・道徳の系譜)
    • 共編
  • 語りのポリティクス 言語/越境/同一性をめぐる8つの試論 岩野卓司共編 彩流社 2008

翻訳[編集]

  • 子どもは絵で語る ロズリーヌ・ダヴィド 荻本芳信共訳 紀伊国屋書店 1984
  • 白日の狂気 モーリス・ブランショ 田中淳一共訳 朝日出版社 1985 (ポストモダン叢書)
  • 絵葉書 ソクラテスからフロイトへ、そしてその彼方 1 ジャック・デリダ 大西雅一郎共訳 水声社 2007