出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八卦
後天図
Trigramme2634 ☴.svg
Trigramme2632 ☲.svg
Trigramme2637 ☷.svg
Trigramme2633 ☳.svg
  Trigramme2631 ☱.svg
Trigramme2636 ☶.svg
Trigramme2635 ☵.svg
Trigramme2630 ☰.svg
先天図
Trigramme2631 ☱.svg
Trigramme2630 ☰.svg
Trigramme2634 ☴.svg
Trigramme2632 ☲.svg
  Trigramme2635 ☵.svg
Trigramme2633 ☳.svg
Trigramme2637 ☷.svg
Trigramme2636 ☶.svg
六十四卦
上経(1-30
下経(31-64

(ごん)は八卦の一つ。卦の形はGon.pngであり、初・第2爻は、第3爻は陽で構成される。または六十四卦の一つであり、艮為山。艮下艮上で構成される。方角としては東北の方角となり、(うし)と(とら)の間であることから艮は「うしとら」とも読まれ、名字にも用いられている。

卦象[編集]

・止・狗・・少男・相続関節・骨格・節度などを象徴する。方位としては東北地支ではの間)を示す。急激に暗闇から明るくなる時間帯(1時から5時まで)なので停止・再出発・つなぎめの意味もある。

納甲では五行五方が当てられる。

先天図[編集]

伏羲先天八卦における次序は七であり、方位は四隅卦の一つで西北に配される。陰陽消息は二陰で陰が極まる卦の一歩手前である。