舘脇操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

舘脇 操(たてわき みさお、1899年9月8日 - 1976年7月18日)は、日本植物学者

略歴[編集]

神奈川県横浜市に生まれ、北海道帝国大学農学部を卒業した。1933年農学博士、1945年理学博士取得、北海道大学助教授を経て1952年北海道大学教授となり、1958年から北海道大学附属植物園の園長を務めた。植物分類地理学を専門とし、森林生態学に業績をあげた。

1949年に北海道文化賞、1960年に日本農学賞を受賞した。エゾミヤマザサの学名、Sasa tatewakiana Makino、やキク科Hieracium tatewakiiカバノキ科Betula tatewakianaなどに献名されている。

著書[編集]

  • 『北樺太の植物』:東亞研究所, 1943
  • 『北海道の植物』:館脇操記念出版会編集 館脇操記念出版会 1964.5
  • 『日本森林植生図譜』

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

Tatew.は、植物の学名命名者を示す場合に舘脇操を示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)