舎人王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

舎人王(とねり の おおきみ/とねりおう、生年不明 - 天武天皇9年7月26日(680年)は、飛鳥時代皇族官位は五位、納言兼宮内卿。

経歴[編集]

出自・経歴・年齢等は一切不明であるが、大臣が設置されていなかった天武朝において、天皇家の家政機関である宮内官の最高位であったところから、天皇よりかなりの信任を得ており、相応の出自の人物であったろうと推測される。

記録に現れるのは、『日本書紀』巻第二十九のみで、病に倒れた舎人王が臨終の際に、天皇が高市皇子を遣わして見舞いをさせたが[1]、翌日卒去した。予想外の出来事だったらしく、天皇は驚愕して高市皇子のほかに川島皇子を遣わし、を開いて挙哀させ、百寮のものも悲しみ泣いた、ということだけである。

ちなみに、同じ月に飛鳥寺の西の槻の木の枝が自然に折れて落ちた、とあり[2]、数日後、天皇が県犬養大伴の家に病を見舞った、とある[3]。それからしばらくして飛鳥寺の僧侶の弘聡(ぐそう)が亡くなり、高市皇子と大津皇子を遣わして弔問させた、とあり[4]、壬申の乱の功臣、三宅石床が卒去している[5]

8月には3日間雨が降り止まず、大水があり[6]、大風が吹き、木を折り、家屋を壊した、ともある[7]。9月23日には地震も起こっている[8]

当時の人々、あるいは『書紀』の編纂者が舎人王の死と、これらの出来事を結びつけて考えていたのではないか、と想像される。[要出典]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』天武天皇下 9年7月25日条
  2. ^ 『日本書紀』天武天皇下 9年7月1日条
  3. ^ 『日本書紀』天武天皇下 9年7月5日条
  4. ^ 『日本書紀』天武天皇下 9年7月20日条
  5. ^ 『日本書紀』天武天皇下 9年7月23日条
  6. ^ 『日本書紀』天武天皇下 9年8月5日条
  7. ^ 『日本書紀』天武天皇下 9年8月14日条
  8. ^ 『日本書紀』天武天皇下 9年9月23日条

参考文献[編集]