興地隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
興地隆史
人物情報
生誕 1959年9月[1]
居住 日本の旗 日本
出身校 東京医科歯科大学
学問
研究分野 保存治療系歯学
研究機関 東京医科歯科大学新潟大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

興地 隆史(おきぢ たかし、1959年9月[1]-)は日本歯科医師歯学者新潟大学医歯学総合研究科口腔生命科学専攻口腔健康科学講座う蝕学分野教授。

経歴[編集]

1984年東京医科歯科大学歯学部、1988年同大学院卒業、同大学助手、講師を経て、2001年より新潟大学歯学部附属病院教授、2003年より現職[1][2]

1988年 東京医科歯科大学 歯学博士 論文は 「ラット実験的歯髄炎におけるアラキドン酸代謝物の関与について」[3]

著作[編集]

所属団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 興地 隆史 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2004年12月1日). 2010年12月2日閲覧。
  2. ^ 新潟大学大学院医歯学総合研究科 口腔生命科学専攻口腔健康科学講座 う蝕学分野”. 2010年12月2日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 特定非営利活動法人 日本歯科保存学会役員(平成22年4月1日現在)”. 日本歯科保存学会. 2010年12月2日閲覧。
  5. ^ 専門医名簿”. 日本歯科保存学会. 2010年12月2日閲覧。
  6. ^ 日本歯内療法学会 役員一覧 (2010.1.1~2011.12.31)”. 日本歯内療法学会. 2010年12月2日閲覧。
  7. ^ 役員構成”. 日本歯科審美学会. 2010年12月2日閲覧。
  8. ^ 日本歯科医学教育学会役員一覧 (平成22年4月1日~平成25年3月31日)”. 日本歯科医学教育学会. 2010年12月2日閲覧。
  9. ^ 役員一覧 (2009-2010年)”. 国際歯科研究学会日本部会. 2010年12月2日閲覧。
  10. ^ 活動方針・目的・組織”. 日本顕微鏡歯科学会. 2010年12月2日閲覧。