胡乃元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ナイユアン・フー

胡 乃元(フー・ナイユアン, 1961年1月13日[1] - )は、台湾出身のヴァイオリン奏者。[2][3]

台南にて生まれる[4]。5歳よりヴァイオリンを始め、1972年に渡米。ブローダス・アールジョゼフ・シルヴァースタインにヴァイオリンを師事し、インディアナ大学に進学してジョーゼフ・ギンゴールドの薫陶を受けた。大学卒業後もしばらくギンゴールドの助手を務めている。1985年のエリザベート王妃国際音楽コンクールで優勝して演奏活動を開始。1990年にはボストンで盛宗亮の無伴奏ヴァイオリン曲《流れ》を初演。1999年には北京音楽祭でマルタ・アルゲリッチミッシャ・マイスキーらと共演した。2004年には故郷の台湾で「台湾コネクション」と題する音楽祭を立ち上げ、自ら音楽監督を務めた。2007年には、その音楽祭に出演する若手の音楽家たちとアンサンブルを作り、2007年には、そのアンサンブルで指揮者を置かずにルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン交響曲第3番《英雄》を演奏して注目を集めた[5]

脚注[編集]

  1. ^ アーカイブ 2018年11月7日 - ウェイバックマシン
  2. ^ 胡乃元 - Discogs
  3. ^ 胡乃元 - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  4. ^ ナイユアン・フー(胡乃元)Nai-Yuan Hu”. 2018年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月8日閲覧。
  5. ^ NAI YUAN HU”. 2018年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年11月8日閲覧。