肩甲下筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
肩甲下筋
Gray411.png
Deep muscles of the chest and front of the arm, with the boundaries of the axilla.
(図中のSUBSCAPLARIS)
ラテン語 musculus subscapularis
英語 Subscapularis muscle
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
肩甲下窩・肩甲骨肋骨面
上腕骨小結節・小結節稜
肩甲下神経(C5、C6)
作用 の内旋
テンプレートを表示
骨格筋 > 体肢筋 > 上肢の筋 > 上肢帯筋 > 肩甲下筋

肩甲下筋(けんこうかきん)は、上肢帯の筋である。肩甲骨の肩甲下窩・肩甲骨肋骨面から起始し、筋束は三角形に集まって外方へ向かい、肩関節の前を出て上腕骨小結節・小結節稜に停止する。作用は、肩関節の内旋・水平屈曲。多少内転する。神経は、肩甲下神経C5・C6。

棘上筋棘下筋小円筋と共に回旋筋腱板(ローテーターカフ)を形成している。

参考文献[編集]

関連項目[編集]