美村あきの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
美村 あきの
生誕 1958年7月2日
日本の旗 東京都
死没 (2018-07-30) 2018年7月30日(60歳没)
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1977年 - 2018年
ジャンル 少女漫画
レディースコミック
代表作セント=ブラウンの童話
すくうるでいず
星空の海賊たち
『伝説の少女』
テンプレートを表示

美村 あきの(みむら あきの、1958年7月2日 - 2018年7月30日[1])は、日本漫画家東京都出身[1]。本名は岡島 和子(おかじま かずこ)[2]。愛称はminmin[3]

来歴[編集]

1977年、『わたしの理想のあなたさま』(『別冊少女フレンド』)でデビュー。以降、『別冊フレンド』を中心に作品を発表。1990年の『海はささやく』でレディースものに初挑戦し、以後『mimi』・『BE・LOVE』などを作品発表の場とする。代表作に『セント=ブラウンの童話』、『すくうるでいず』、『伝説の少女』などがある[4]

ペンネームの由来は、『ポーの一族』シリーズの『ポーの村』の「美しい村」から来ている[5]

自他認める酒豪で、幽霊の存在を信じるタイプであった[6]。『だれかいる』という、怪談をテーマとしたエッセー漫画も描いている[7]

2018年7月30日、乳癌により死去[2]

単行本リスト[編集]

  • チョコクッキーの贈り物(講談社、別冊フレンドKC、1978年)
  • マリエ館37号室(講談社、別冊フレンドKC、1978年)
  • セント=ブラウンの童話(講談社、別冊フレンドKC、1979年、全2巻)
  • 放課後の時間割(講談社、別冊フレンドKC、1980年)
  • すくうるでいず(講談社、別冊フレンドKC、1980 - 1981年、全4巻) - 1998年にKCデラックスで再版
  • 星空の海賊たち(講談社、別冊フレンドKC、1982年、全2巻)
  • まじかる音符(講談社、別冊フレンドKC、1983年)
  • 白薔薇ろまん(講談社、別冊フレンドKC、1984年)
  • 夢一夜(講談社、別冊フレンドKC、1985年)
  • 瑠璃色ふぁんたじあ(講談社、別冊フレンドKC、1985年)
  • SHE'Sキャサリン(原作:山口芙美子、講談社、別冊フレンドKC、1986年、全2巻)
  • 銀色の雨が好き(講談社、別冊フレンドKC、1987年)
  • さよならの少女たち(講談社、別冊フレンドKC、1988年)
  • 100年のライラ(原作:名木田恵子、講談社、少女フレンドKC、1990年、全2巻)
  • ラヴァ―ソウル(講談社、MeKC、1992年)
  • 楽園は眠らない(講談社、MeKC、1992年)
  • SOHJI-幕末剣命伝-(原作:滝直毅、講談社、mimiKC、1993年)
  • 高校教師・野原夢子の恋(講談社、MeKC、1993年、全2巻)
  • 伝説の少女(原作:明石典子、講談社、BE・LOVEKC、1995 - 1999年、全11巻)

脚注[編集]

  1. ^ a b “漫画家・美村あきのさん死去、60歳 「すくうるでいず」「伝説の少女」...”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2018年7月30日). https://www.j-cast.com/2018/07/30335040.html?p=all 2018年7月30日閲覧。 
  2. ^ a b “漫画家・美村あきのさんが死去 「すくうるでいず」”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年7月30日). https://www.asahi.com/articles/ASL7Z759FL7ZUCLV00M.html 2018年7月30日閲覧。 
  3. ^ 単行本裏表紙などより
  4. ^ 『漫画家人名事典』、365頁、日外アソシエーツ、2003年2月25日発行。
  5. ^ 本人のツイッターの2018年2月5日の記述より
  6. ^ KCMeのカバー作者紹介より
  7. ^ 単行本『さよならの少女たち』収録

外部リンク[編集]