美作太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美作 太郎(みまさか たろう、1903年9月17日 - 1989年7月3日)は昭和期の編集者、出版会社経営者、出版学研究者。

経歴[編集]

熊本県熊本市生まれ。1927年東京帝国大学法学部卒業後、日本評論社に入社。東大で教わった師の河合栄治郎の著作『トーマス・ヒル・グリーンの思想体系』『ファッシズム批判』『学生に与う』『学生叢書』などの出版を担当する。

1938年、河合栄治郎事件が起こり、河合著の『ファッシズム批判』などが発禁となる。自身は1944年に横浜事件[1]により逮捕される[2]。両事件により、日本評論社は相当な被害を被る。戦後は同社に復帰し、編集局長、専務取締役になる。1951年退社し、1952年に新評論社(のち新評論)を創立し、社長、のち会長となる。

新評論に美作の弟子で編集者の藤原良雄がいて、彼は1989年独立し、藤原書店を設立。美作の編集、出版の技術や精神は藤原と藤原書店にも受け継がれている。

他方、社外においては、『執筆・編集・校正』『出版と著作権』『編集と著作権』などの出版を通じて、出版学著作権などの研究、啓蒙に尽くす。また、多くの出版関係の団体の役員を務める。日本出版学会(会長)、日本書籍出版協会(理事)などである。

著訳書[編集]

単著[編集]

  • 『執筆・編集・校正・造本の仕方』ダイヤモンド社、1951年
  • 『執筆・編集・校正』岩崎書店、1966年
  • 『出版と著作権』エディター叢書、日本エディタースクール出版部、1976年
  • 『著作権と出版権――いま何が問題か』エディター叢書、日本エディタースクール出版部、1981年
  • 『最近の著作権問題について』著作権研究会シリーズ、教科書協会、1982年
  • 『著作権――出版の現場から』出版ニュース社、1984年
  • 『戦前戦中を歩む――編集者として』日本評論社、1985年
  • 『編集と著作権』日本エディタースクール出版部、1988年

共著[編集]

  • 『言論の敗北――横浜事件の真実』三一新書、1959年
  • 『著作権・出版権問答』出版ニュース社、1965年
  • 『横浜事件』エディター叢書、日本エディタースクール出版部、1977年

共訳書[編集]

  • 『出版概論』スタンリー・アイウィン著、栗田書店、1958年

脚注[編集]

  1. ^ 横浜事件については、いずれも共著だが、『言論の敗北――横浜事件の真実』(三一新書、1959年)や『横浜事件』(日本エディタースクール出版部、1977年)を書いている。
  2. ^ 戦前・戦中における美作の活躍、特に河合関連書の出版や自身の研究の状況は、美作太郎『戦前戦中を歩む』(日本評論社、1985年)に詳しい。