美しき野獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

美しき野獣」(うつくしきやじゅう)は『薔薇族1986年3月号に掲載、単行本『兄貴にド・キ・ド・キ』に収録された山川純一の一話完結の漫画である。

あらすじ[編集]

中学2年生の相模正人は両親が2年前に離婚し、画家の父と二人暮らしをしている。ある日母との面会から帰ると、父の教え子である氷川譲司がしばらくの間滞在することを知らされる。同性愛者を自覚する正人は端整な容姿で気さくな性格の譲司に一目惚れするが、アトリエでの父と譲司のオーラルセックスを覗き見てしまい、父親が同性愛者であることを知る。それが母との離婚の原因となったことを確信する正人は譲司に「父は汚い人間だ」と話す一方で、自分も汚い人間かと問う譲司に対しては好意を抱いていることを告白する。譲司も正人に好意を伝え、二人は夜に落ち合うことを約束するが、それを父が許さなかった。母と引き離された恨み、譲司を奪われた妬み。それは狂気へと変わる。

登場人物[編集]

相模正人(さがみ まさと)
東京都に住む中学2年生。母親のことが好きのようで、彼女と一緒に暮らしたいと願っている。父親のことは嫌い。ホモかつ童貞で、父の教え子の譲司に一目ぼれする。
氷川譲司(ひかわ じょうじ)
アメリカ人と日本人のハーフで、赤髪の青年。美大の3年生。正人の父の作品のモデルとして絵が完成するまで滞在している。ホモであり、正人の父とは2年前からセックスしているが、彼に対して強い愛情は無く正人に好意がある。男性器の大きさは24㎝である。
正人の父
美大教授にして画家。ホモであり、譲司と浮気した後、自分の快楽の為に妻と離婚した。新作品の男性の裸体画を描くために、譲司を家に滞在させる。
正人の母
冒頭、結尾のみ登場。週に一度「G&F」という店で、正人と会っている。離婚原因を一度も息子には教えなかった。