雨のエトランゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
雨のエトランゼ
Un Beau Monstre
監督 セルジオ・ゴッビ
脚本 セルジオ・ゴッビ
ジョルジュ・タベ
アンドレ・タベ
音楽 ジョルジュ・ガルヴァランツ
主題歌 『Stay』ウォレス・コレクション
撮影 グニエル・ディオ
配給 ヘラルド
公開 フランスの旗 1971年2月10日
日本の旗 1971年9月11日
上映時間 125分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

雨のエトランゼ』(Un Beau Monstre)は、1971年フランス映画

ドミニク・ファーブルの小説『美しい野獣』(原題同じ)をセルジオ・ゴッビが映画化した。1組の男女の不毛で破滅的な愛を描く佳作。ヘルムート・バーガーヴィルナ・リージが破滅に向かう男女を演じる。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 上記の1回目と同じ吹替音源での放映なのかは不明

関連項目[編集]

  • 石井隆 - この作品をモチーフに劇画『雨のエトランゼ』を描いた。脚本を書いた1983年の映画『沙耶のいる透視図』でそのラストの場面を流用している。

外部リンク[編集]