繁多進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

繁多 進(はんた すすむ、1938年 - )は、日本の心理学者、白百合女子大学名誉教授。鹿児島県奄美大島出身。専門領域は発達心理学

東京都立大学大学院修士課程修了。90年「アタッチメントの発達とその規定因」で都立大文学博士江南女子短期大学助教授、横浜国立大学助教授、ロンドンのタビストック・クリニックに留学、白百合女子大学教授。2009年定年、名誉教授。 日本におけるアタッチメント研究の第一人者として知られる。

著書[編集]

  • 『父親のやるべきこと10則』サンマーク出版 1983 のち文庫 
  • 『親と子どもの人間関係―自立心をどう育てるか』(灯台ブックス) 第三文明社 1984 
  • 『愛着の発達―母と子の心の結びつき』(現代心理学ブックス) 大日本図書 1987 
  • 『繁多進のしつけの心理学』1-3 あすなろ書房 1988
  • 『おかあさん、大好き!』三笠書房 1994
  • 『乳幼児期の子育てQ&A』第三文明社 1998 灯台ブックス

共編著[編集]

  • 『二歳~六歳の心理』詫摩武俊,依田明共著 あすなろ書房 1975
  • 『母性 こころ・からだ・社会』大日向雅美共編 新曜社 1988
  • 『乳幼児発達心理学 子どもがわかる好きになる』編著 福村出版 1999
  • 『子育て支援に活きる心理学 実践のための基礎知識』編 新曜社 2009

翻訳[編集]

  • D.ローゼンブルース『タビストック子どもの発達と心理 0歳』新倉涼子共訳 あすなろ書房 1982
  • ディリス・ドウズ『タビストック子どもの発達と心理 1歳』新倉涼子共訳 あすなろ書房 1982
  • D.ローゼンブルース『タビストック子どもの発達と心理 2-3歳』新倉涼子共訳 あすなろ書房 1982
  • エルシー・オズボーン『タビストック子どもの発達と心理 4歳』山上千鶴子共訳 あすなろ書房 1982
  • クリストファー・デアー『タビストック子どもの発達と心理 6歳』新倉涼子共訳 あすなろ書房 1984
  • エルシー・オズボーン『タビストック子どもの発達と心理 7歳』山上千鶴子共訳 あすなろ書房 1985
  • エドナ・オーショネッシー『タビストック子どもの発達と心理 8歳』新倉涼子共訳 あすなろ書房 1986
  • エドナ・オーショネッシー『タビストック子どもの発達と心理 9歳』内田みずえ共訳 あすなろ書房 1986
  • ヒラリー・ロダム・クリントン『村中みんなで 子どもたちから学ぶ教訓』向田久美子共訳 あすなろ書房 1996 「私たちが子どもの未来のためにできること」ゴマ文庫