緑色の獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

緑色の獣」(みどりいろのけもの[1])は、村上春樹短編小説

概要[編集]

初出 『村上春樹ブック』(「文學界」1991年4月臨時増刊)
収録書籍 レキシントンの幽霊』(文藝春秋、1996年11月)

村上によれば執筆時期は1990年秋頃。「氷男」とふたつ一緒に書いた記憶があるという[2]

80年代末から90年代初頭にかけて、村上は女性が主人公の短編小説を集中的に書いた。「眠り」(1989年)、「加納クレタ」(1990年)、「ゾンビ」(1990年)、「氷男」(1991年)などである。本作「緑色の獣」も同様に女性が主人公の物語である。

英訳[編集]

タイトル The Little Green Monster[3]
翻訳 ジェイ・ルービン
初出 The Elephant Vanishes』(クノップフ社、1993年3月)

あらすじ[編集]

夫がいつものように仕事に出ると、「私」にはもうやることがなかった。窓辺の椅子に座り、庭にある一本のの木を眺める。

どれくらい長くそこに座っていたのかわからないが、あたりがすっかり暗くなったころ、椎の木の根元の地面がもそもそと盛り上がった。地面は割れ、尖った爪のようなものが姿を見せた。そして穴の中からもそもそと緑色の獣が這い出てきた。獣は鼻の先を細くして、それをドアの鍵穴に突っ込み、鍵を開けた。

獣は言った。

ねえ奥さん、奥さん、私はここにプロポーズに来たですよ。わかるですか? 私は深い深いところであなたのことを想つておつたんですよ。それで我慢がきかなくなつて、ここに這い上がつてきたたたですよ。

脚注[編集]

  1. ^ 「獣」の読みは「けもの」。『はじめての文学 村上春樹』文藝春秋、2006年12月、173頁、175頁、265頁。
  2. ^ 『村上春樹全作品 1990〜2000』第3巻、講談社、2003年3月、261頁。
  3. ^ 本作の内容と直接的な関係はないが、英語には「green-eyed monster」という成句がある。この言葉は「嫉妬」を意味する。

関連項目[編集]