粟田口国綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太刀 銘国綱(鬼丸)

粟田口 国綱(あわたぐち くにつな、1163年?-1255年頃)は、鎌倉時代初期、山城国粟田口の刀工。本名は林藤六郎。左近将監を称する。

略歴[編集]

代表作例[編集]

重要文化財
重要美術品
御物
  • 太刀 銘国綱(鬼丸)

関連項目[編集]