粗面岩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
粗面岩

粗面岩(そめんがん、trachyte、トラカイト)は、優白質であるが石英をほとんど含まず、アルカリ長石を主成分とする火山岩深成岩閃長岩に対応する。

概説[編集]

粗面岩より斜長石が多くなると粗面安山岩英語版: trachyandesite[1][注 1]になる。

流紋岩の旧名である「石英粗面岩」(liparite)とは関係ない。

注釈[編集]

  1. ^ ラタイト英語版: latite、レータイトとも)を同義の別名[2]として用いる場合と、粗面安山岩の中の一種として区別して[3]用いる場合がある[1]

出典・参考文献[編集]

  1. ^ a b 粗面安山岩』 - コトバンク
  2. ^ 大場与志男 1996.
  3. ^ 片山信夫 et al. 1970.
  • 大場与志男 「粗面安山岩」、地学団体研究会編 『新版地学事典平凡社、1996年。ISBN 4582115063 
  • 片山信夫; 森本良平; 木村敏雄 他編 「ラタイト」 『新版地学辞典(2):鉱物学・岩石学・鉱床学・地球化学・火山学』 古今書院、1970年。ISBN 4772212671 
  • 黒田吉益諏訪兼位『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』共立出版、1983年、ISBN 4-320-04578-5
  • 益富壽之助『原色岩石図鑑 全改訂新版』保育社、1987年、ISBN 4-586-30013-2
  • 山崎貞治『はじめて出会う岩石学 - 火成岩岩石学への招待』共立出版、1990年、ISBN 4-320-04623-4
  • 豊遙秋青木正博『検索入門 鉱物・岩石』保育社、1996年、ISBN 4-586-31040-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]