箟峯寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
箟峯寺こんぽうじ
Kompoji hondo, Wakuya.jpg
箟峯寺(2019年3月)
所在地 宮城県遠田郡涌谷町箟岳字神楽岡1
位置 北緯38度33分53秒 東経141度10分44秒 / 北緯38.564833度 東経141.179度 / 38.564833; 141.179座標: 北緯38度33分53秒 東経141度10分44秒 / 北緯38.564833度 東経141.179度 / 38.564833; 141.179
山号 無夷山
宗旨 天台宗
本尊 十一面観世音菩薩
創建年 大同2年(807年)
開基 坂上田村麻呂
中興年 嘉祥2年(849年)
中興 円仁
正式名 無夷山 箟峯寺
別称 箟岳観音
札所等 奥州三十三観音 第9番
文化財 観音堂(県指定有形文化財)
法人番号 1370205001128 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

箟峯寺(こんぽうじ)は宮城県遠田郡涌谷町にある天台宗の寺院である。山号は無夷山(むいさん)。本尊は十一面観世音菩薩。別称は箟岳観音(ののだけかんのん)。箟岳山の山頂にあり、奥州三十三観音の第九番札所に数えられている。大同2年(807年)に坂上田村麻呂の創建と伝えられ、当初霧岳山正福寺と称していたが、嘉祥2年(849年)に円仁が中興し、無夷山箟峯寺と改称した。奥州七観音の1つにも数えられた。

歴史[編集]

  • 807年(大同2年) 京都清水寺より十一面観世音菩薩を御本尊として勧請(かんじょう)した。
  • 1851年(嘉永4年) 火災によって消失していた観音堂を再建[1]
  • 2008年(平成20年) 33年に1度の御本尊の御開帳が行われた。

観音堂[編集]

江戸時代に建てられた仏堂としては県下最大規模である実長14.9メートル方形平面に宝形造の屋根を架し、前面三に唐破風向拝が付く。内部は、内陣の周囲に外陣を配し、内陣奥には宮殿厨子が置かれる。建築年は1851年。2019年平成31年)宮城県から有形文化財に指定された[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 奥州三十三観音の旅 河北新報社 P46
  2. ^ 箟峯寺観音堂”. 宮城県. 2019年2月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]