箕輪城 (信濃国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
箕輪城
長野県
別名 箕輪城
城郭構造 平山城
主な改修者 箕輪氏
主な城主 箕輪氏、木下総蔵、藤沢重時
廃城年 1582年(天正10年)
遺構 曲輪、空堀
指定文化財 町指定史跡
位置
地図
箕輪城の位置(長野県内)
箕輪城
箕輪城

箕輪城(みのわじょう)は、長野県上伊那郡箕輪町にあった日本の城。町指定史跡[1][2]

概要[編集]

室町時代箕輪氏の居城として築かれた。天文年間(1532年-1555年)には福与城の支城としての役割を果たしていた。なお史料上に登場する「箕輪城」は福与城のことであろうとする意見もある[3]

木下総蔵、福与城主藤沢頼親の養子・左衛門尉重時が城主であった。武田信玄の伊奈攻略により藤沢頼親は、伊奈の地を追われたが、天正10年(1582年)武田氏滅亡後、福与城に拠り旧領を回復しようとしたが、保科正直に攻められ滅亡したため、箕輪城も廃城になったと言われている。現在は、養泰寺の墓地に空堀などが残る。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「城跡の所在地」箕輪町公式HP
  2. ^ 「文化財マップ」箕輪町公式HP
  3. ^ 平井ほか 1980 p.268

参考文献[編集]

関連項目[編集]