笹尾根

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

笹尾根(ささおね)は、多摩川水系の秋川(南秋川)[1]と、相模川水系の鶴川の間に連なる尾根の名称である。多摩川水系と相模川水系の分水嶺で、標高1000m前後の山々が続く。東京都山梨県の境界となっており、広義には東京都と神奈川県の境界となる区間を含む。

範囲[編集]

笹尾根の山と峠[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 秋川は、西多摩郡檜原村本宿付近で北秋川が合流するまでは「南秋川」とも呼ばれる。

関連項目[編集]