竹田茂夫

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

竹田 茂夫(たけだ しげお、1949年 - )は日本の経済学者法政大学経済学部教授。専門は経済理論。妻は法政大学経済学部教授の原伸子

来歴[edit]

東京都立西高等学校を経て、1972年早稲田大学政治経済学部卒業[1]一橋大学大学院経済学研究科修士課程修了後、1979年一橋大学大学院経済学研究科博士後期課程単位取得満期退学。指導教官は二階堂副包[2][1]。1980年ベルリン自由大学助手。1981年ニューヨーク州立大学バッファロー校Ph.D.取得[1]。1984年から法政大学経済学部助教授。1990年法政大学経済学部教授[1]

著書[edit]

  • 資本論を理解する-マルクスの経済理論 (1990) 共著、法政大学出版局
  • 信用と信頼の経済学-金融システムをどう変えるか (2001) NHKブックス(日本放送出版協会)
  • 思想としての経済学-資本主義批判 (2001) 青土社
  • ゲーム理論を読みとく (2004) ちくま新書(筑摩書房)
  • 市場・国家・資本主義(2018)批評社

脚注[edit]

[ヘルプ]