竹中正夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹中 正夫(たけなか まさお、1925年9月6日 - 2006年8月17日)は、日本キリスト教神学者同志社大学名誉教授。

経歴[編集]

北京に生まれる。成城高等学校を経て、1944年京都帝国大学経済学部入学後、学徒出陣。除隊後、復学し、1948年に卒業。同志社大学神学部に編入学し、1950年に卒業。イェール大学神学部大学院に留学し、1955年神学博士。同志社大学助手、1956年、助教授、1961年教授。1996年、定年となり名誉教授、聖和大学教授。[1]

著書[編集]

  • 真人の共同体 現代社会における教会の課題 新教出版社 1962 (現代神学双書)
  • 天寵の旅人 画家宮芳平の生涯と作品 日本YMCA同盟出版部 1979.7
  • 倉敷の文化とキリスト教 日本基督教団出版局 1979.11
  • 土に祈る 耕牧石田英雄の生涯 教文館 1985.11
  • 良寛を愛したキリスト者 小倉章蔵の生涯 日本基督教団出版局 1992.7
  • 良寛とキリスト 大宮季貞の生涯をたどって 考古堂書店 1996.2
  • ゆくてはるかに 神戸女子神学校物語 教文館 2000.6
  • 和服のキリスト者 木月道人遊行記 日本基督教団出版局 2001.3
  • 生と死のはざまで 妻をしのびて キリスト新聞社 2002.3
  • C.B.デフォレストの生涯 美と愛の探求 創元社 2003.4
  • 異文化・交流のはざまで 内田淑子のルーツと生涯 思文閣出版 2005.11
  • 美と真実 近代日本の美術とキリスト教 新教出版社 2006.7

共編[編集]

  • 教会と労働者 西部職域伝道協議会記録 日本基督教団出版部 1960
  • 聖書のことば 現代日本美術とともに 創元社 1966
  • 講座現代世界と教会 1-2 佐藤敏夫佐伯洋一郎共編 日本基督教団出版局 1970-71
  • 対話の探究 キリスト新聞社 1972
  • 働く人間像を求めて 関西労伝ノート・その20年 関西労働者伝道委員会 新教出版社 1978.9
  • 現代における宗教の対話 聖文舎 1979.10
  • 渡辺禎雄聖書版画集 新教出版社 1986.2
  • 生命の意味 1-2 郷原憲一共編 思文閣出版 1992.7
  • 労働と人間を考える 中条毅共編著 中央経済社 1994.3 (社会人大学セミナー)

翻訳[編集]

  • 信徒・教会・社会 この世における神の民 H.R.ウェーバー 日本基督教団出版部 1959
  • 社会的激変に対決する教会 世界教会協議会社会部報告書 新教出版社 1961
  • 世の光キリスト WCC第三回大会報告書 世界教会協議会編 野本益世,村田豊恒共訳 新教出版社 1962 新教新書
  • 連続と変革 ウプサラ・レポート 世界教会協議会 日本基督教団出版局 1969
  • 調和のとれた生活 エリック・バタウォース 黒河待子共訳 創元社 1973
  • 三つのクリスマス / ナリニ・ジャヤスリヤ 日本基督教団出版局 1982.8

出典・脚注[編集]

  1. ^ 土肥昭夫竹中正夫の生涯 (PDF) 」 、『キリスト教社会問題研究』第57号、同志社大学、2008年12月、 287-310頁、2011年6月29日閲覧。