端平入洛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

端平入洛(たんぺいじゅらく)は、南宋端平元年(1234年)、金帝国を挟撃して滅ぼしたモンゴル帝国と南宋が河南地方の領有をめぐって起こした紛争。北宋の旧都開封洛陽南京を指す「三京」の収復を名分に掲げた南宋が河南への出兵を強行したが、モンゴルの反撃に惨敗しながら失敗に終わった。この紛争によりモンゴルと南宋は敵対関係に一変し、全面戦争に発展するきっかけとなった。

概要[編集]

モンゴル帝国と南宋は嘉定7年(1214年)に初めて接触して以来、使節の往来があったが、概ね小康状態にとどまった。しかし西方遠征を終えたチンギス・カンが金と西夏に対する攻略を再開し、モンゴル軍の一部が南宋の国境を侵犯すると、両国関係は新たな局面に入った。宝慶3年(1227年)春、南宋の西北辺境に侵入したモンゴル軍は、四川一帯を略奪して武力示威を展開し、チンギス・カンの死亡により撤退している。西夏を滅ぼしたモンゴルは陝西方面から金の首都開封を脅かすことが可能となったが、金の精鋭兵が雲集した潼関はこれを遮る最大の障害物だった。そのため、チンギス・カンは臨終直前に「潼関を避けて宋に假道を求めよ。宋は金と代々敵なので必ず要請を快く承諾するだろう」という遺詔を残した[1]

紹定3年(1230年)より第二次対金戦争に臨んだモンゴルの新帝オゴデイは、征伐軍を3軍に分けて中軍は自ら率いて、左翼軍は山東方面で、右翼軍は陝西の漢中でそれぞれ金の後方を攻略させた。右翼軍を執ったトゥルイは進軍を開始する際、先帝の遺詔どおりに南宋に使臣を送り、假道を要求してきた。特に、紹定4年(1231年)7月にモンゴルの使者が沔州で南宋の官員に殺害される事件が発生し[2]、モンゴルの不満を鎮めようと假道の要求に応えた南宋の四川制置使は、モンゴル軍に軍糧の提供と道案内までするなど便宜を計らってやった。南宋の境内を貫いて漢水を渡ったモンゴル軍は鄧州に迫っており、翌年には三峰山の戦いで金の主力軍を壊滅させて、開封を包囲するのに成功した。紹定6年(1233年)6月、モンゴルは王檝襄陽に派遣し、京湖制置使の史嵩之と金を協攻に向けた盟約を締結すること、そしてモンゴル軍に金幣を提供するように論議させた[3]。史嵩之の報告を受けた南宋朝廷では、海上の盟を反面教師とする内部の異見にもかかわらず、仇敵である金への復讐という意味でモンゴルと盟約を結ぶことにした。

同年8月、金は南宋に使者を急派して「唇亡びて歯寒し」の論理を挙げて、モンゴルに対抗する同盟の結成を哀願したが、既に方針を決めた南宋は金の提案を一蹴している[4]。10月には江陵の武将孟珙が率いる2万人の南宋軍が北上、金の哀宗が最後に避難していた蔡州をモンゴル軍と共に包囲した。端平元年(1234年)正月に蔡州が陥落され、哀宗も自殺することによって金は完全に滅亡した。孟珙が持って来た哀宗の遺骨は臨安にある宋朝の太廟に捧げられ、国恥を雪辱する用途に使われた[5]

金が滅亡すると、南宋では北宋時代の根拠地だった河南の領有をめぐる問題が争点として浮上した。まず3月に理宗太常寺の官員を洛陽へ派遣して北宋の皇陵を参拝させた。ちょうどモンゴル軍が河南と陝西に集結して待ち伏せしたという諜報が入り、参拝を躊躇う動きがあったが、孟珙の護衛のおかげで10日ぶりに迅速に任務を終えて帰還できた[6][7]史弥遠の死後に親政を始めた理宗と宰相鄭清之は政局を一新し、北伐の成功により権力基盤を強化しようとする意図から河南への出兵を推進した。逆に、史嵩之と喬行簡など朝廷の大臣中では、飢饉で民力が疲弊するだけでなく、河南を奪還しても防御や普及の難点のため守り難いという理由で出兵に否定的な気流が強かった[8]。それでも理宗は黄河を守り、潼関に頼って三京を奪還できると主張した両淮制置使の趙范趙葵兄弟の支持に支えられて出兵を決行するようになる。6月12日廬州知事の全子才が率いる淮西の兵力1万人は北伐軍の先鋒隊として合肥を出発したのに引き続いて、これを補助するために趙葵が率いる淮東の兵力5万人も泗州宿州を経て河南に進入した。

淮水を渡って北上した全子才の先鋒隊は何の戦闘も遭遇しないまま7月5日に開封に入城した。それまで開封にはモンゴルに投降した金の西面元帥である崔立が駐屯していたが、南宋軍が接近して来るとの知らせを聞いた城内の住民が崔立を殺して降伏した。しかしモンゴルとの戦争で兵禍が及んだ河南一帯の荒廃は予想を超えた状態だった[9]7月20日には趙葵の軍が開封に到着し、兵士たちに5日分の食糧だけを持参させて洛陽の奪還に乗り出した。洛陽は28日に無抵抗で占領されたが、翌日よりすべての食糧が底をついてヨモギと小麦粉で生き延びたり、軍馬を取って食う羽目になった。結局、モンゴルの伏兵が洛陽を急襲しながら孤立無援に追い込まれた南宋軍は壊走し、途中で黄河の堤防まで崩れて死傷者が8~9割にも及ぶ被害を受けて江南に帰還した[10]

北伐軍が所得なしに帰還した後、趙葵と全子才を始めとする将校たちは問責措置で官位が降格または罷免されている[11]。12月、モンゴルの使者王檝が臨安を訪れ、盟約に違反したことを詰責した。南宋は答礼使をモンゴルに派遣し、三京収復戦に関する経緯を解明する一方、新しい和議の成立を模索したが、南宋の投拝(降伏)を望んだモンゴルの態度に交渉は決裂された。端平2年(1235年)6月、モンゴル軍が四川・京湖・江淮の3方面を通じて南宋に侵攻することで、両国は40年にわたる戦争に突入した[12]

脚注[編集]

  1. ^ 『元史』巻1, 太祖紀 二十二年七月己丑条 「崩于薩里川哈老徒之行宮。臨崩謂左右曰:金精兵在潼關、南據連山、北限大河、難以遽破。若假道于宋、宋、金世讎、必能許我、則下兵唐、鄧、直擣大梁。金急、必徴兵潼關。然以數萬之衆、千里赴援、人馬疲弊、雖至弗能戰、破之必矣」
  2. ^ 『宋史紀事本末』巻90, 紹定四年秋七月条 「速不罕至沔州青野原、統制張宣殺之。拖雷聞速不罕死、曰:宋自食言、背盟棄好。今日之事、曲直有歸矣」
  3. ^ 『四庫全書総目提要』巻52, 使北日録一巻 「理宗紹定六年癸巳、史嵩之為京湖制置使、與蒙古會兵攻金。會蒙古遣王檝來通好、因假伸之朝奉大夫、京湖制置使參議官往使。以是歳六月、偕王檝自襄陽啓行」
  4. ^ 『金史』巻18, 哀宗紀下 天興二年八月条 「假蔡州都軍致仕内族阿虎帶同僉大睦親府事、使宋借糧、入辭、上諭之曰:……大元滅國四十、以及西夏、夏亡必及於我。我亡必乃于宋。脣亡齒寒、自然之理。若與我連和、所以為我者亦為彼也。卿其以此曉之。至宋、宋不許」
  5. ^ 『宋史』巻41, 理宗紀一 端平元年四月丙戌条 「以滅金獲其主完顏守緒遺骨告太廟、其玉寶、法物並俘囚張天綱、完顏好海等命有司審實以聞」
  6. ^ 『宋史』巻41, 理宗紀一 端平元年三月辛酉条 「詔遣太常寺主簿朱揚祖、閣門祗候林拓詣洛陽省謁八陵」
  7. ^ 『続資治通鑑』巻167, 端平元年八月甲戌条 「朱揚祖、林拓以『八陵圖』上進。帝問諸陵相去幾何及陵前澗水新復、揚祖悉以對。帝忍涕太息久之。初、揚祖等行至襄陽、會諜報蒙古哨騎已及孟津、陝府、潼關、河南皆增屯戍、設伏兵、又聞淮閫刻日進師、衆畏不前。孟珙曰:淮東之師、由淮西溯汴、非旬餘不達。吾選精騎疾馳、不十日可竣事。逮師至東京、吾已歸矣。於是珙與二使晝夜兼行、至陵下、奉宣禦表、成禮而還」
  8. ^ 『宋史紀事本末』巻92, 端平元年六月条による。
  9. ^ 『斉東野語』巻5, 端平入洛 「……六月十二日、離合肥。十八日、渡寿州。二十一日、抵蒙城縣、縣有二城相連背、渦爲固、城中空無所有、僅存傷殘之民數十而已、沿途茂草長林、白骨相望、蝱蠅撲面、杳無人踪……」
  10. ^ 『宋史紀事本末』巻92, 端平元年八月条 「蒙古兵至洛陽城下立寨、徐敏子與戰、勝負相當。士卒乏糧、因殺馬而食、敏子等不能留、乃班師。……蒙古兵又決黄河寸金澱之水以灌官軍、官軍多溺死、遂皆引師南還」
  11. ^ 『宋史紀事本末』巻92, 端平元年九月壬寅条 「趙範以入洛之師敗績、上表劾趙葵、全子才輕遣偏師復西京、趙楷、劉子澄參贊失計、師退無律、致後陣喪敗。詔:趙葵削一秩、措置河南、京東營田邊備。全子才削一秩、措置唐、鄧、息州營田邊備。劉子澄、趙楷並削秩放罷」
  12. ^ 『宋史紀事本末』巻93, 端平二年六月条 「蒙古主命子闊端將塔海等侵蜀、特穆德克、張柔等侵漢、口温不花及察罕等侵江、淮」

参考文献[編集]