フミェルニクの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フミェルニクの戦い
モンゴルのポーランド侵攻
戦争モンゴルのポーランド侵攻
年月日1241年3月18日
場所ポーランドフミェルニク英語版
結果モンゴル帝国の圧勝
交戦勢力
モンゴル帝国 ポーランド王国
指導者・指揮官
バイダル クラクフ公ウラディームィルポーランド語版
損害
極少数 壊滅

フミェルニクの戦いは、モンゴルのポーランド侵攻において、1241年3月18日にバトゥを総司令官としたモンゴル帝国ヨーロッパ遠征軍のバイダル率いる分隊と、ポーランド王国の間で行なわれた戦いである。伝えられている歴史のほとんどはポーランドの歴史家、ヤン・ドゥウゴシュの『ポーランド王国に関する年代記(Annales seu cronici incliti regni Poloniae)』によるもので、実際に見たことを記述したものではない。

概要[編集]

経過[編集]

結末[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]