突板

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Furnierstapel.jpg

突板(つきいた、突き板とも)とは、希少性の高い美しい木目を持つ木材を薄く(0.2mm〜0.6mm[1])スライスしたもの。木材を薄く加工した単板の中でも特に銘木単板(めいぼくたんぱん)と呼び、これを表面に用いた合板を天然木化粧合板と呼ぶ[2]

特徴[編集]

単層無垢材に比べると、壁材・床材・天井材の使用面積に対して天然木の表情を生かしたまま、木材の特徴である生活性能や環境性能を兼ね備えた上で、合板としての「廉価」「反りがほとんどない」という利点を活用でき、有限な木材を最大限に有効活用できる手法である。しかし、元の木材が世界的に希少価値の高い高価な場合は、いかに突板とは言えそれなりの値段になる。

合成樹脂を浸潤させることで、あるいはフィルムコートや特殊な紙による裏打ちを施すことで強度や柔軟性を増し、応用範囲を広げた突板も出現している。

原木[編集]

ケヤキナラヤチダモキリヒノキスギマホガニーウォールナットオークチークローズウッド[3]トチクロガキシオジニレカバサペリウェンゲ(ウェンジ)ゼブラウッドシタンコクタン[2]など。

製法[編集]

原木を単板の材面に応じて製材し、割れを防ぐために加熱した上で巨大なカンナのようなスライサーに掛けて、刃物あるいは木材を往復させて切削する。合板あるいは単板積層材(LVL)用の単板を製造するための機械として、円柱形の木材を料理の桂剥きの要領で剥いてゆく「ベニヤレース」があるが、これとほぼ同様の機構の「ハーフラウンドベニヤレース」で突板を切削することもある[3]

出典[編集]

  1. ^ 床材、室内建具で使われる、突き板って何? 住宅設備 - All About
  2. ^ a b 全天連「ツキ板の話」。
  3. ^ a b 財団法人日本木材総合情報センター「単板 単板切削 つき板」。

外部リンク[編集]