稲川裕紘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

稲川 裕紘(いながわ ゆうこう、本名: 稲川 土肥(いながわ とい)、1940年 - 2005年5月29日)は、ヤクザ指定暴力団稲川会3代目会長、稲川一家総長、山崎屋一家総長。稲川 千尋(いながわ ちひろ)とも名乗った。稲川会総裁稲川聖城(角二)の実子(長男)。稲川会元本部長・稲川英希(英生)(三代目稲川一家総長)は実子(長男)。[1]

生涯[編集]

1959年横須賀一家五代目総長石井隆匡のもとで修行に入る。

1974年静岡県熱海市を縄張とする山崎屋一家を継承。

1980年神奈川県横浜市の縄張をも継承すると同時に「稲川一家」を名乗る。

1990年10月、稲川会3代目会長に就任。

2005年5月、入院先の東京病院で64歳で病死した。

演じた俳優[編集]

参考文献[編集]

礒野正勝『裏社会 闇の首領たち』(文庫ぎんが堂)2012年

脚注[編集]

先代:
稲川聖城
稲川一家総長
2代目: 1980-1990
次代:
稲川英希
先代:
石井隆匡
稲川会会長
3代目: 1990-2005
次代:
角田吉男