秦藤樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秦 藤樹(はた とうじゅ[1]、ふじき[2]1908年4月13日 - 2004年3月25日)は日本の医師医学者。専門は微生物科学。元北里大学学長。旧姓は藤松。細菌学者秦佐八郎の養子となった。

経歴[編集]

長野県東筑摩郡(現・松本市)生まれ。1934年慶應義塾大学医学部卒業。内科入局、助手、1934年12月 - 1936年3月、短期現役軍医、1936年北里研究所研究員となり(生化学、藤田秋治部長)、1938年7月 - 1945年12月、軍務(山西省陸軍病院、東京第一陸軍病院)、1939年医学博士。論文の題は「組織内Cytoclirom C定量法の研究」[3]。 1948年北里研究所同研究所長、1954年8月-1955年11月、ラトガース大学微生物研究所留学、1961年北里研究所所長。北里大学教授として癌化学療法を研究をし、1953年抗生物質ロイコマイシンを発見し、次いで1956年抗生物質マイトマイシンを発見。日本の抗生物質研究の草分けの一人で、癌医療に多大なる功績を残し、癌の化学療法の権威としても知られた。1972年北里大学長に就任。2006年には北里大学の学内助成制度として、秦藤樹博士記念学術奨励賞が制定された。

栄典[編集]

学術賞[編集]

編著[編集]

  • 『抗生物質学』(三方一沢と共著)宝文館 1952
  • 『微生物化学』 広川書店1966
  • 『微生物学』(小松信彦と共著)広川書店 1966
  • 『衛生微生物学』(藤野恒三郎、近藤雅臣と共著)講談社 1976
  • 『秦佐八郎小伝』 (秦八千代と共著)大空社 1995

出典[編集]

  • 『日本人名大辞典』(2001年 講談社
  • 『20世紀日本人名事典』(2004年 日外アソシエーツ
  • 『日本近現代 医学人名事典』泉孝英著 2012年 医学書院 ISBN 978-4-260-00589-0 

脚注[編集]

  1. ^ 泉[2012:486の記載による]
  2. ^ 博士論文書誌データベースによると、「はた ふじき」とある
  3. ^ 博士論文書誌データベースによる