福田馬之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

福田 馬之助(ふくだ うまのすけ、1856年安政3年)10月24日 - 1936年昭和11年)4月12日[1])は、日本船舶工学者、海軍軍人。位階勲等功級は、海軍造船中将従三位勲一等功四級[1]工学博士

経歴[編集]

尾張徳川家の家臣福田頼実の長男として[2]、美濃国(岐阜県)に生まれる。 工部大学校に入学(6期生。造船科としては2期生)し、同校が東京帝国大学に統合されたため、1884年(明治17年)東京帝国大学工科大学造船科卒業。同年、海軍三等工長として横須賀造船所在勤。1895年(明治28年)12月、呉鎮守府造船部造船科主幹。1896年(明治29年)から英国出張。1901年(明治34年)帰国。1907年(明治40年)海軍造船総監。1919年(大正8年)海軍造船中将。浅野造船所副社長も務め、大正4年には工学博士の学位を取得[2]

親族[編集]

妻のハルは名古屋市助役などを務めた安藤因蔭の次女[3][4]。二男三女のうち、息子福田啓二は同じく造船工学者・海軍技術中将であり、戦艦大和の基本設計者として知られる。陸軍中将鎌田銓一は甥。墓所は東京都新宿区西新宿7丁目の常圓寺

栄典[編集]

位階
勲章等

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 『官報』第2803号「彙報 - 官庁事項 - 官吏薨去」1936年5月9日。
  2. ^ a b 福田馬之助『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  3. ^ 福田馬之助『人事興信録』第4版[大正4(1915)年1月]
  4. ^ 安藤 因蔭∥アンドウ ヨリカゲ  尾東加茂郡長 ・ 名古屋市助役国学関連人物データベース、国学院大学
  5. ^ 『官報』第3963号「叙任及辞令」1896年9月11日。
  6. ^ 『官報』第4402号「叙任及辞令」1898年3月9日。
  7. ^ 『官報』第5230号「叙任及辞令」1900年12月6日。
  8. ^ 『官報』第1816号「叙任及辞令」1918年8月21日。
  9. ^ 『官報』第6573号「叙任及辞令」1905年5月31日。
  10. ^ 『官報』第700号「叙任及辞令」1914年12月1日。
  11. ^ 『官報』第1194号「叙任及辞令」1916年7月24日。
  12. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。