神田森莉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

神田 森莉(かんだ もり、男性、1963年12月3日 - )は、日本漫画家北海道小樽市出身。東京都在住。血液型O型。

1990年代、人気ホラーコミック『ホラーM』などで人気を博す[1]。作品では「ホラー」と「ギャグ」の世界を独特のタッチで表現。

2010年には、15年ぶりにホラー本を出版[1]。1990年代に発表した漫画をまとめ、電子書籍として自身の個人出版社から出版した[1]

略歴[編集]

父子家庭にて育つ。子供時代は祖母がゴミ捨て場から拾ってきた少女雑誌を愛読し、25歳まで少女漫画家を志すがデビューはならず、年齢を考えレディコミ誌に投稿を始める。1989年笠倉出版社の『ラビアン』にてデビュー。近年ではホラー漫画を描く傍ら、実話漫画にも手をつけ、体当たり漫画家と化している。現在、個人出版社・神田森莉出版(ハムスター商事)を設立し、電子出版にて活動の場を広げている。

キャラクターデザインやバンド活動などの制作活動も行っており、2001年には自主制作の音楽CDをリリースしている。

作品リスト[編集]

記事[編集]

【新連載】ピーク時700万円あった年収が100万円台へ激減!少女ホラー漫画家が明かす生活保護より悲惨な日常 ――『怪奇カエル姫』著者・神田森莉さんのケース (ダイヤモンドオンライン シュリンク業界で生き残れるか?~構造不況の迷宮で再起を図る人々 吉田典史 【第1回】 2012年9月4日 )

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b c 伝説の漫画家「神田森莉」15年ぶりのホラー出版”. おたくま経済新聞 / C.S.T. Entertainment,Inc. (2010年3月2日). 2010年10月28日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]