神戸タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
神戸タワー

神戸タワー(こうべタワー)は、大正時代に神戸市湊川公園に建てられた展望塔である。湊川公園タワーとも言う[1]。建設当初は新開地タワーと呼ばれていた[2]。東洋一の高さで、浅草の凌雲閣、大阪の通天閣とならんで、日本の三大望楼とも称された[2]


概要[編集]

1924年(大正13年)、湊川公園内に神戸タワーが建設された。三連アーチのバルコニーのあるビルディングを、高さ90メートル(標高100メートル)のオベリスク風の高塔が貫いている。頂部は階段状ピラミッドのようにデザインされ、塔の側面には窓を挟んで垂直に2本の帯状の意匠が施された。観覧料は大人10銭、子ども5銭。東洋一をうたい、晴れた日には紀淡海峡まで望むことができた。[1][2]

のちに広告塔となり、「ハープ洗濯石鹸」、「ベルベット石鹸」などの巨大広告が四面を飾るようになる[1][2]。1934年(昭和9年)には、2万円をかけて「特急大阪行阪神電車」のネオンサインが設置された[1][2]。戦前から戦後には「ビオフェルミン」の広告が掲げられていた[2]

建材の劣化による倒壊の恐れから、1968年(昭和43年)に神戸市によって神戸タワーは解体された。跡地には、神戸タワーを模した高さ8メートルのカリヨン時計塔が建っている。[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 橋爪紳也 2012, p. 33-35.
  2. ^ a b c d e f g 神戸市立中央図書館 2011.

参考文献[編集]

座標: 北緯34度40分44秒 東経135度10分3秒 / 北緯34.67889度 東経135.16750度 / 34.67889; 135.16750