神取秀樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神取 秀樹(かんどり ひでき、1960年6月5日 - )は、日本の生物物理学者。名古屋工業大学教授。元日本生物物理学会会長。紫綬褒章受章。

人物・経歴[編集]

愛知県西加茂郡三好町(現みよし市)の真宗大谷派福谷寺の跡取りとして生まれ、愛知県立岡崎北高等学校を経て[1]、1984年京都大学理学部卒業。1989年京都大学大学院理学研究科生物科学専攻博士課程修了、理学博士。1990年豊田理化学研究所奨励研究員研究員。1993年京都大学大学院理学研究科助手。1999年京都大学大学院理学研究科講師[2]。2001年名古屋工業大学大学院工学研究科助教授。2003年名古屋工業大学大学院工学研究科教授。2008年日本生物物理学会副会長。2013年名古屋工業大学オプトバイオテクノロジー研究センターセンター長。2016年分子科学会副会長。2017年日本生物物理学会会長、日本学術会議連携会員[2][3]ロドプシン研究の傍ら週末は住職を務めた[1]

受賞・栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 中日文化賞 名古屋工業大教授 神取秀樹氏中日新聞2020年5月3日 11時15分
  2. ^ a b c d e f g h i j 神取 秀樹 (カンドリ ヒデキ) KANDORI Hideki名古屋工業大学
  3. ^ 神取 秀樹日本生物物理学会
  4. ^ 春の褒章 666人毎日新聞 2021/4/28
  5. ^ 『官報』号外第99号、令和3年4月30日
先代:
中村春木
日本生物物理学会会長
2017年 - 2019年
次代:
原田慶恵