神原泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神原 泰(かんばら たい、1898年2月23日 - 1997年3月28日[1])は、大正期新興美術運動を代表する詩人美術家美術評論家宮城県仙台市生まれ。日本鉄道会社勤務の神原伊三郎の三男[2]。母・夫見子は正親町家の出身で[3]正親町公和園池公致は従兄弟に当たる[4]

当初詩人として活動をはじめるも、絵画へも展開し、1917年に二科展に出品。詩人であったという関係もあり、未来派に触れ、傾倒する。1920年には、『第一回神原泰宣言書』を発表。

1922年、古賀春江中川紀元横山潤之助らと「アクション」を結成。1924年、アクション、MAVO、未来派美術協会が合流する形で、「三科」を結成するに際し、結成に参加する。短期間の活動(1925年解散)に続けて、1925年、矢部友衛、岡本唐貴らと「造形」を結成するも、改組に伴い、1927年脱退。

以降は絵画制作から離れる。東亜燃料工業(現・東燃ゼネラル石油)に勤務し、世界石油会議日本国内事務局長も務めた[1]

代表絵画作品[編集]

  • マリアとキリスト(1923年)
    • キリストを抱くマリアを、極めて抽象化された曲線によりカラフルに描いている。
  • スクリアビンの「エクスタシーの詩」に題す(1924年)
    • 極彩色の、雲や渦を思わせる抽象画。

主要展覧会[編集]

  • 1920年代日本展/東京都美術館・愛知県美術館・山口県立美術館・兵庫県立近代美術館/1988年
  • アクション展 大正新興美術の息吹/有楽町朝日ギャラリー・北海道立函館美術館・長野県辰野町立郷土美術館/1989年
  • 日本の抽象絵画 1910-1945/板橋区立美術館・岡山県立美術館・姫路市立美術館・京都府京都文化博物館・北海道立函館美術館・秋田市立千秋美術館/1992年(美術館連絡協議会など主催)

主要著書[編集]

  • 新しき時代の精神におくる/神原泰/イデア書院/1923
  • 芸術の理解/神原泰/イデア書院/1924
  • 未来派研究/神原泰/イデア書院/1925年
  • 新興芸術の烽火/神原泰/中央美術社/1926

脚注[編集]

  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク)
  2. ^ 日本美術シソーラス・データベース絵画編 : 索引集
  3. ^ 中西淳朗、樋口輝雄「共慣義塾の研究―東京検梅史の補遺として―」
  4. ^ 東文研アーカイブデータベース