社会人学生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

社会人学生(しゃかいじんがくせい)とは、社会人として生きている者が、学生として大学に入学すること。

かつては勤労学生として理解されてきたが、近年では社会人のスキル向上やその他の理由で入学するケースが増えており、大学側も少子化に対するものとして社会人の入学を歓迎している[要検証]

学部への入学だけではなく、社会人院生として大学院(修士、博士、専門職学位課程)への進学も活発となっている。ただし、通学課程や一般大学の通信制課程への学部入学には高等学校卒業高等専門学校高等課程修了者・高等学校卒業程度認定試験合格者、大学院入学には学士(大学卒業)あるいは高度専門士相当の学位授与者あるいはそれと同程度の学歴が必要となる。ただ、幅広く入学志願者を集める放送大学では生涯学習としての意図から、別段の入学資格基準が設けられている。

文部科学省の制度改革により、2004年からは高度専門職業人育成を掲げた専門職大学院(専門職大学院設置基準に明文化されて無い課程として―主に教職MBA公共経営課程など)あるいは、同設置基準に明文化された法科大学院会計大学院が、既存の大学ないしは構造改革特区を活用した株式会社立大学によって開課されている。殆どは就労者でも修学し易いように平日夜間や土曜日を中心とした時間帯(夜間開講・昼夜開講)で講義が行われている傾向がある。ただし、法科大学院・会計職大学院は講義時間の多さなどから、平日の昼間に講義を行う傾向があり、就業者向けに考慮されていない。

関連項目[編集]