社会主義核心価値観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
社会主義核心価値観
各種表記
繁体字 社會主義核心價值觀
簡体字 社会主义核心价值观
日本語読み: しゃかいしゅぎかくしんかちかん
英文 Core Socialist Values
テンプレートを表示
社会主义核心价值观 (cropped, 2).jpg

社会主義核心価値観(しゃかいしゅぎかくしんかちかん、簡体字: 社会主义核心价值观)は中国共産党第十八回全国代表大会(2012年11月)以降、中国共産党が提唱、広く宣伝している価値観

歴史[編集]

2012年11月、中国共産党第十八回全国代表大会における胡錦濤総書記による活動報告の中で、社会主義核心価値観が24字(富強、民主、文明、和諧、自由、平等、公正、法治、愛国、敬業、誠信、友善)で明確に定義づけられる。[1]

2013年12月23日、中国共産党中央弁公庁が発刊した「社会主義核心価値観の育成と実践についての意見(关于培育和践行社会主义核心价值观的意见)」で3つの面に分けられる。[2]

2014年2月12日、「人民日報」第1面に掲載。習近平中国共産党中央委員会総書記に就任して以来、社会主義核心価値観に繰り返し言及、また広く宣伝されるようになり、中国における社会主義の指導力、先進性が強調される。

内容[編集]

国家が目標とすべき価値:富強民主文明和諧

社会面で大事にすべき価値:自由平等公正法治

一人ひとりが守るべき価値:愛国敬業誠信友善

宣伝[編集]

社会主義核心価値観を育成・実践するため、中国の各級行政部門が通知を発布、学校、病院、会社、ネットカフェ、店舗、ショッピングセンター等が横断幕や電子掲示板などを通じて社会主義核心価値観を宣伝するように要求している。

また、「全国文明都市評価(全国文明城市评选测评)」など、中国共産党が主導する査定において、社会主義核心価値観の育成・実践が大きな評価基準となっている。そのため、中国の街角で「24字」を見かけない場所はないほど広く宣揚されるに至っている。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 社会主義核心価値観の基本内容. 人民网. 2014-02-12 (簡体字)
  2. ^ 社会主義核心価値観24字基本内容の公布. 中国日報網. 2014-02-12(簡体字)
  3. ^ 24文字の核心的価値観が中国社会の精神的エネルギーを構築 人民網日本語版 2016年03月1日

関連項目[編集]