磯兼景道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
磯兼景道
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 不明
改名 宮松(幼名)→末長景道→磯兼景道
別名 通称:又三郎
官位 左近大夫常陸介
主君 村上吉充小早川隆景毛利氏
氏族 椋梨氏庶流磯兼氏
磯兼景綱
養子:景綱乃美宗勝三男)

磯兼 景道(いそかね かげみち)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将小早川氏の家臣。安芸国堀ヶ城主。

略歴[編集]

小早川氏庶流椋梨氏の後裔。当初は因島村上氏に属し、末長(すえなが)姓を称した。

天文24年(1555年)9月、厳島の戦いの際、小早川隆景から参陣を求められ、主君・村上吉充を説得した景道は毛利方に加勢する。小早川勢に属した景道は村上水軍を率いて奮戦し、陶方の伊香賀十郎左衛門尉を討ち取った。

その後も小早川氏に属し小早川水軍の一翼を担い活躍した。隆景が本拠地を新高山城から三原城に遷すと新高山城の留守居役を勤めた。

男子のなかった景道は、乃美宗勝の三男・景綱を婿養子に迎えている。隆景が隠居すると付き従い、没後は毛利氏の家臣に編入された。

出典[編集]