砂防学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公益社団法人砂防学会(さぼうがっかい、Japan Society of Erosion Control Engineering)は、東京都千代田区砂防会館内に事務局を置く日本の農学学会である。1931年(昭和26年)1月に発足し、1988年(昭和63年)に社団法人化、2013年(平成25年)には公益社団法人へと移行した。元文部科学省所管。

土砂災害に関する防災科学技術の振興や砂防学の進歩によって国土の保全、国民生活の安全等に寄与することを目的としている。会員数は1,957人(個人会員)[1]

脚注[ソースを編集]

  1. ^ 日本学術会議日本学術協力財団科学技術振興機構. “学会名鑑 機関詳細”. 2015年4月22日閲覧。

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]