全国治水砂防協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
砂防会館(奥が本館、手前が別館)。東京都千代田区

一般社団法人全国治水砂防協会(ぜんこくちすいさぼうきょうかい)は、本部は砂防会館で、会員は市町村から構成されており、現在約1,500会員である。元国土交通省河川局所管。

概要[編集]

  • 目的 砂防地すべり並びに急傾斜地の崩壊(がけ崩れ)対策等に関する必要な方策を考究するとともに、関係事業に関する一般の認識を深め、これらの事業の促進により災害の防止軽減を図り、もって公共の福祉の増進に寄与する。
  • 沿革 1940年4月 設立
  • 代表者 会長 綿貫民輔
  • 本部所在地 東京都千代田区平河町二丁目7-5 砂防会館

歴代会長[編集]

※歴代の会長は以下の通り[1]

会長
1 末次信正
2 徳川家正
3 河野一郎
4 田中角栄
5 西村英一
6 金丸信
7 唐沢俊二郎
8 綿貫民輔

脚注[編集]

  1. ^ “近聞遠見「砂防」の今昔、時代を映す=岩見隆夫” 毎日新聞 (東京朝刊 2009年12月19日) 2009年12月20日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]