石田肇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石田 肇(いしだ はじめ、1947年6月 - )は、日本歴史学者である。群馬大学教育学部社会科教育講座名誉教授。専門は東洋史(中国、日中関係史)。

来歴・人物[編集]

  • 東洋史を中心に研究し、 中国金石学を主な研究テーマとしている。

著書[編集]

  • 北宋の撃鼓と投 (アジア諸民族における社会と文化) 1984年
  • 程明道小考-治績・新法・学校教育- (歴史における民衆と文化) 1982年
  • ヴィジュアル書芸術全集第7巻<五代・宋一金> (雄山閣出版) 1992年
  • 傳雲龍の『日本金石志』と陳矩 (国際書学研究) 2000年
  • 金石学 杉村邦彦編「中国書史を学人のために」2002年
  • ふ雲龍の『日本金石志』と陳矩 (第4回国際書学研究大会記念論文集国際書学研究 (萱原書房) 2000年
  • 在日本的各種型式的古鐘 (首届北京国際古鐘文化交流研討会資料わい編)(同組委会)、2005年

論文[編集]

  • 『「浪花みやげ」所収の「大日本石鐘名所見立角力」についてー江戸末金石事情の一端ー』 群馬大学教育学部紀要人文・社会科学編 (大学・研究所等紀要)、2003年
  • 『清水正健にかかわる二・三の新資料と著作一覧』東洋文化(無窮会) (学術雑誌)、 2003年
  • 『西田直養の『金石年表』と「古物金石相撲」ー『金石年表』関係事項一覧ー』 群馬大学教育学部紀要人文・社会科学編 (大学・研究所等紀要)、2004年

他多数

所属学会[編集]

  • 東洋史研究会
  • 無窮会(評議員、理事)
  • 史学会
  • 東方学会
  • 書論研究会(副会長)
  • 日本道教学会
  • 日本古鐘研究会(副会長)