石河光豊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
石河光豊
時代 江戸時代中期
生誕 明和元年(1764年
死没 享和3年5月12日1803年6月30日
別名 太八郎(通称)
主君 徳川斉朝
尾張藩家老
氏族 石河氏
父母 父:石河光賢、養父:石河光籌
正室:石河光籌の娘
光茂

石河 光豊(いしこ みつとよ)は、尾張藩家臣、美濃駒塚領主、石河家第8代当主。

生涯[編集]

尾張藩士石河光賢の子として生まれ、美濃駒塚領主の叔父光籌の婿養子となる。藩主斉朝の時代、藩士は物価の高騰で困窮し、一万石の大身である光豊も職を辞して領地の駒塚に移住したという(『名古屋市史』政治篇)。

享和3年(1803年)5月12日死去。家督は嫡男光茂が幼いため、養父光籌が再家督した。

参考文献[編集]

  • 『名古屋市史』