石河光茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
石河光茂
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 寛政4年(1792年
死没 慶応2年9月16日1866年10月24日
改名 光茂→光美
別名 太八郎(通称)
官位 従五位下、伊賀守、出羽守、隠岐
主君 徳川斉朝斉温斉荘慶恕
尾張藩家老
氏族 石河氏
父母 父:石河光豊、母:石河光籌の娘
光晃、正基

石河 光茂(いしこ みつしげ)は、尾張藩家臣、美濃駒塚領主、石河家第9代当主。

生涯[編集]

文化6年(1809年)、祖父光籌の死去により家督を相続。文化9年(1812年家老となる。文化12年(1815年)病により家老を辞職。天保14年(1843年)再び家老となる。弘化3年(1846年)。従五位下伊賀守に叙任。嘉永元年(1848年)、出羽守に遷任。嘉永6年(1853年)、病により隠居して家督を光晃に譲る。安政5年(1858年)、将軍家茂の諱の字を避け、諱を「光美」と改名。慶応2年(1866年)、隠岐守に選任。

慶応2年(1867年)9月16日死去。享年76。七男正基は、分家當博の家督を相続し、御側御用人、城代を務めた。正基の三男が日本画家の石河有隣(正徳)。

参考文献[編集]

  • 『名古屋市史』
  • 『羽山市史』