石河光籌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
石河光籌
時代 江戸時代中期
生誕 延享3年(1746年
死没 文化6年4月20日1809年6月2日
改名 一学(幼名)→章當(初名)→光籌
別名 太郎八(通称)
官位 従五位下、伊賀
尾張藩家老
氏族 石河氏
父母 父:石河光當
兄弟 光賢光籌
光豊

石河 光籌(いしこ みつかず)は、尾張藩家老、美濃駒塚領主、石河家第7代当主。

生涯[編集]

延享3年(1746年)、尾張藩家老石河光當の四男として生まれる。安永2年(1773年)、父の死去により家督相続し、美濃駒塚領主となる。安永3年(1774年)、従五位伊賀守に叙任。同年尾張藩家老となる。

文化6年(1809年)4月20日死去。享年64。婿養子に迎えた光豊が早世したため、家督は嫡孫の光茂が相続した。

参考文献[編集]

  • 『羽島市史』