石川裕章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
世界学生
1974 ブリュッセル 軽重量級

石川 裕章(いしかわ ひろあき、1953年2月20日 -)は静岡県清水市(現:静岡市清水区)出身の日本柔道家。現役時代は95kg級の選手。身長182cm。得意技は内股[1]

人物[編集]

清水東高校から中央大学に進んだ[1]。1年の時に全日本新人体重別重量級で2位となった。4年の時には世界学生の個人戦軽重量級と団体戦で優勝を飾った。卒業後は日立製作所所属となると、1976年には講道館杯95kg級で新日鉄岩田久和を破って優勝した。その後、佐久間接骨院に所属を変更すると、1979年の選抜体重別で優勝を果たして世界選手権代表に選ばれた。世界選手権では初戦でベルギーのロベルト・バンドワール双手刈で効果を取られて敗れると、敗者復活戦を勝ち上がった3位決定戦でも西ドイツのギュンター・ノイロイター払腰で敗れて5位に終わった。翌年の選抜体重別では決勝で愛知県警河原月夫に敗れて2位だった。引退後は清水市内で接骨院を経営することになった[1]。また、武道学舎で師範も務めている[2]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「新装版 柔道 体型別 技の大百科 第2巻」 ベースボールマガジン社、138頁-139頁 ISBN 978-4-583-10319-8
  2. ^ NPO 法人 武道学舎 柔道部門

外部リンク[編集]