石川総孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
石川総孝
時代 江戸時代中期
生誕 延享3年(1746年
死没 明和6年7月1日1769年8月2日
官位 従五位下主水正
常陸下館藩世嗣
氏族 石川氏
父母 石川総候大久保忠方
兄弟 総孝、金八郎、総賢総弾、清之助、
総般土方雄年正室、阿きく、石川総彬室ら
三浦明次
阿ふ
テンプレートを表示

石川 総孝(いしかわ ふさたか)は、江戸時代中期の常陸下館藩の世嗣。官位従五位下主水正

略歴[編集]

3代藩主・石川総候の長男として誕生。母は大久保忠方の娘。正室は三浦明次の娘。

下館藩嫡子として生まれ、宝暦10年(1760年)、10代将軍徳川家治に拝謁し、翌宝暦11年(1761年)叙任される。しかし、家督を継ぐことなく明和6年(1769年)に死去した。

子は娘一人(阿ふ・早世)で継子なく、弟・総弾が養嗣子となった。