石塚志乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石塚 志乃(いしづか しの、1979年(昭和54年)12月6日 - )は、山形県鶴岡市出身の、日本の元スキー選手FISワールドカップ元日本代表選手、元ライフセーバー

略歴[編集]

  • 1979年(昭和54年)12月6日 - 山形県鶴岡市三瀬に生れる。父親は創業約300年の老舗旅館坂本屋』の9代目館主。
  • 小学校では陸上部に在籍。
  • 1992年(平成4年) - 鶴岡市立三瀬小学校卒業
    • 鶴岡市立豊浦中学校に入学し、夏は陸上部、冬はスキー部に在籍し、合間にテニスもやっていた。
  • 1995年(平成7年) - スキーを一時引退。
  • 1998年(平成10年) - 同高等学校卒業。
  • 2002年(平成14年) - 同大学を卒業し、大手ホテルでフロント勤務として働く。
  • 2003年(平成15年) - スキーを再開する。
    • アルペンスキーFISワールドカップ2003志賀高原大会で事務局員を務める。
    • 12月25日 - 瀧澤宏臣に新競技スキークロスを勧められ、スキークロスを始める。
  • 2004年(平成16年) - FISワールドカップ日本代表選手となる。
    • 1月18日 - 第26回神奈川県民体育大会・成年女子A2位。
  • 2005年(平成17年) - 「株式会社ASPO」に入社。
    • 1月16日 - スキークロスヨーロッパカップ(イタリア)で5位となる。
    • 2月10日 - FISワールドカップ苗場大会・17位。
    • 6月4日 - 第18回全日本ライフセービング種目別選手権大会・女子ビーチスプリント・第2位、 女子ビーチフラッグス・第5位。
  • 2006年(平成18年)1月15日 - JAPAN CROSSGAME MASTERS (北海道富良野スキー場) 第1戦・優勝。
  • 2007年(平成19年) - 第62回国体スキー競技会神奈川県選考会・成年B女子2位。
  • 2008年(平成20年) - 『超一流自己実現力』喜熨斗勝史:著 ISBN 978-4-05-403713-7 に、モデルとして写真が掲載。
  • 2009年(平成21年)1月14日 - 第一子出産
    • 現在は、リフレッシュトレーナーとして働く。(2009.1.14第一子出産のため現在育児休暇中)

主な出典[編集]

外部リンク[編集]

石塚志乃・公式ブログ