喜熨斗勝史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
喜熨斗 勝史 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キノシ カツヒト
ラテン文字 KINOSHI Katsuhito
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1964-10-06) 1964年10月6日(56歳)
出身地 東京都練馬区
身長 176cm
体重 70kg
選手情報
ポジション FW
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

喜熨斗 勝史(きのし かつひと、1964年10月6日 - )は、日本サッカー指導者。日本サッカー協会公認S級コーチ(監督・コーチ・フィジカルコーチ)。東京都練馬区出身。東京大学大学院修了、日本体育大学卒業。

Jリーグでトップチームのコーチを歴任したのち、2015年に、中国スーパーリーグに移籍した。2021年より、セルビア代表のコーチに就任。欧州代表チーム初の日本人コーチ。語学力を活かし、グラウンドでは英語ポルトガル語での指導もできる。

来歴[編集]

日本体育大学卒業後、教員を経て東京大学大学院総合文化研究科に入学。東京都高校体育連盟サッカー地区選抜のコーチや監督を歴任し、同修士課程修了後、1995年ベルマーレ平塚でプロ指導者キャリアを始める。一方、プロ選手歴はないが関東サッカーリーグフォワードとして29歳までプレーした経験がある。その後同博士課程で学びながらベルマーレ平塚トップチームをはじめ、Jリーグ所属のプロクラブでコーチやフィジカルコーチを歴任。

2004年には尚美学園大学サッカー部をヘッドコーチとして指導し、関東大学リーグ2部に昇格させたほか、同年には三浦知良のパーソナルコーチとして契約。2005年以降は後に三浦知良が所属する横浜FCでコーチを務め、2006年には横浜FCをJ2リーグ優勝に導きJ1昇格を、2010年には名古屋グランパスのJ1初優勝を陰で支えた。

2007年4月-2010年3月、早稲田大学スポーツ科学学術院の研究員。2008年4月-2011年3月、日本体育大学大学院でコーチ学、2014年4月-2015年8月、愛知学泉大学現代マネージメント学科でスポーツ戦略・戦術論の非常勤講師も務めた。

2008年シーズンより名古屋グランパストップチームのフィジカルコーチに就任し、ドラガン・ストイコビッチ監督を支えた。2009年4月にJFA 公認S級コーチライセンスを取得。ストイコビッチ退任後も2014年から2015年8月まで名古屋グランパスコーチを務めた。

2015年8月よりストイコビッチが中国スーパーリーグ広州富力監督に就任し、ヘッドコーチ格としてスタッフ入りしている[1]

2021年3月、ストイコビッチのセルビア代表監督就任に伴いコンデショニングコーチに就任。ストイコビッチは代表監督を引き受けるにあたって喜熨斗の入閣を条件としていた[2]。これにより日本人初の欧州強豪代表チームのコーチとなった。

また、財団法人生涯学習開発財団公認ビジネスコーチの資格も持ち、コミュニケーションやモチベーションコントロールのスキルを多方面にわたり発揮している。

選手歴[編集]

  • 1983年 -  : 日本体育大学
  • 1991年 -  : 東京教員クラブ (東京都社会人1部リーグ)
  • 1993年 - 1994年  : 青梅FC (関東サッカーリーグ)

指導歴[編集]

著作物[編集]

DVD
著書
  • 超一流 自己実現力 (学習研究社、2008年)
  • サッカーのコンディショニング 第 III 章 (大修館書店、2010年)

脚注[編集]

関連項目[編集]