知性の構造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

知性の構造』(ちせいのこうぞう)は1996年角川春樹事務所から出版された西部邁の著書。

概要[編集]

西部は自らの考える「日本人における言挙げの方法」[1]を本書で提示しており、西部自身の執筆活動も本書に示された方法論認識論に基づいているという。 本書で西部は、言語ないしは意識構造機能を、TEAM図式と呼ばれる四元図式で表している。

2002年にはハルキ文庫版が出版された。ハルキ文庫版では、図形が一個追加されるなど、第七章の末尾が加筆訂正されている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 西部邁『知性の構造』ハルキ文庫、2002年、51頁
  2. ^ 西部邁『知性の構造』ハルキ文庫、2002年、270頁

参考文献[編集]

  • 西部邁『知性の構造』ハルキ文庫、2002年
  • 西部邁『寓喩としての人生』徳間書店、1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]