真鍋井蛙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

真鍋 井蛙(まなべ せいあ、1955年昭和30年)5月6日 - )は、日本篆刻家書家

本名は昌生。井蛙、別号は休庵。室号は斉平樓。五風十雨亭、掬風亭、惜墨斎と号する。中国西泠印社名誉社員。上海・韓天衡より陳天刃の中国名を贈られている。

経歴[編集]

1955年(昭和30年)、香川県綾歌郡綾南町羽床下に生まれる。父・弘海の家系が僧侶のため、周りには書画・骨董があり毎日それらを眺め遊んでいた。幼稚園のころ、祖母のすすめにより書道を習いはじめる。

高松第一高等学校入学後は、当時香川書道界をリードした中原一耀小森秀雲にそれぞれ書を学ぶ。奈良教育大学に進学後は、当時篆刻界での第一人者、梅舒適に出会い師事する。[1]

大学卒業後、1980年(昭和54年)に大阪府立上神谷高等学校に赴任。以後、1990年(平成2年)には大阪府立三国丘高等学校で教鞭をとる傍、同年、奈良教育大学に講師として、2001年(平成13年)には園田学園女子大学で篆刻の講座を受け持つ。 同2001年より、河野隆岡野楠亭とともに三圭社の篆刻専門誌「楽篆」アドバイザーを担当。[2] ほか、1981年には奥谷九林井谷五雲らと六轡会を結成。結成以後、毎年各所で展示を行っている。[3]

略歴[編集]

  • 1973年(昭和48年) 高松第一高等学校 入学
  • 1973年(昭和48年) 中原一耀、翌年は小森秀雲に書を学ぶ
  • 1978年(昭和53年) 梅舒適の門をたたき篆社に入社
  • 1979年(昭和54年)3月 奈良教育大学 教育学部 卒業
  • 1979年(昭和54年)4月 奈良教育大学 特設書道専攻科 入学
  • 1980年(昭和55年)3月 奈良教育大学 特設書道専攻科 終了
  • 1980年(昭和55年)4月 大阪府立上神谷高等学校 全日制課程 教諭
  • 1990年(平成2年)4月 大阪府立三国丘高等学校 全日制課程 教諭
  • 1990年(平成2年)7月 奈良教育大学 非常勤講師 (三国丘高校と兼務)〜平成13年
  • 2001年(平成13年)4月 園田学園女子大学 非常勤講師 (三国丘高校と兼務)〜平成19年
  • 2006年(平成18年)4月 大阪府立三国丘高等学校 首席教諭
  • 2012年(平成24年)3月 大阪府立三国丘高等学校 退職
  • 2012年(平成24年)4月 大阪府立三国丘高等学校 常勤講師
  • 2018年(平成30年)10月 改組 新 第5回 日展特選 受賞
  • 2019年(令和元年)9月 桜井神社 (堺市)鳥居 神額 揮毫

書歴[編集]

著作[編集]

論文[編集]

  • 生誕一二〇年 印人・園田湖城-『印印』社友を通して [4] (第4回 国際書学研究大会 国際書学研究 2000年)

出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]