相良直彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

相良 直彦(さがら なおひこ、1938年 - )は、日本の菌類学者。京都大学名誉教授。

1938年大分県出身[1][2]。1960年、京都大学農学部卒業。1962年京都大学大学院農学研究科修士課程修了、1962年京都大学教養部助手、1975年京都大学教養部助教授、1989年京都大学教養部教授、1991年京都大学大学院人間・環境学研究科教授、1975年京都大学農学博士[2]。論文の題は「Studies on the ammonogenous fungi(アンモニア菌類に関する研究)」[3]

著書[編集]

  • 相良直彦 (1998), “森の生物モグラ: 試論”, in 阿部永; 横畑泰志, 食虫類の自然史, 庄原市: 比婆科学教育振興会, ISBN 4916116054, https://ci.nii.ac.jp/ncid/BA39234863 
  • 相良直彦 (1989), きのこと動物: ひとつの地下生物学, きのこの生物学シリーズ8, 東京: 築地書館, ISBN 4-8067-2334-7, https://ci.nii.ac.jp/ncid/BN03548282 

論文[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立国会図書館 (NDL) 典拠レコード検索
  2. ^ a b 相良直彦 1998.
  3. ^ 博士論文書誌データベース